埋物の庭

埋物の庭

街中にあるつい見落とされがちで埋もれてしまっているもの(=埋物)を紹介します。

いま、ふたたびの川崎へ(前編)

f:id:haniwakai:20180114202024j:plain

川崎駅に降り立ったぺんたろう、もとい、島鉄といその。丸井川崎はもうない。

 

新年明けましておめでとうございます!いそのです。

今年はいろんなところ行きますよ~

 

今回は川崎を歩いてきましたのでその様子を語ってきます。

f:id:haniwakai:20180115221046j:plain

サンスクエア川崎。

 

JR川崎駅から川崎ルフロンの方へ南に進むと、サンスクエア川崎が現れる。

さっそく団地好きの島鉄氏は興奮の様子。

NTTドコモ川崎ビルが背後にそびえ立っているのが最高にクールだ。ターミナル駅から5分ほどの場所に団地があることも驚き。

f:id:haniwakai:20180115223631p:plain

上から見るとその異様さがわかる。

 

余談だが、ぼくはNTTビルシリーズが好きだ。通信塔が屋上からニョっと出ているかんじがいいよね。

f:id:haniwakai:20180115223934j:plain

横浜メディアタワー。神奈川では横浜ランドマークタワーにつぐ2番目の高さ(約253m)。建物本体は22階建てで高さ約100mだが、ビルの上部に約150mにも及ぶ鉄塔が建っており、この鉄塔部分で建物全体の高さの5分の3を占めている。

 

川崎に話を戻そう。

f:id:haniwakai:20180115224746j:plain

ぺんたろう大活躍である。

 

サンスクエア川崎は上のプレートに「国鉄川崎駅」とあるように、1985年の建造物。

f:id:haniwakai:20180115225110j:plain

それにしても暮らしやすそうな団地だ。

 

このオブジェを見た島鉄氏は即座に

「80年代の香りがする」

といったが、まさに慧眼(というか慧鼻?)である。

 

そして、まっすぐ団地を抜けていくといよいよあの建物が目に入ってくる。

f:id:haniwakai:20180115230107j:plain

きたー!

 

皆さんは、九龍城をご存知だろうか?

f:id:haniwakai:20180114204849j:plain

Photo by Roger Price

 

九龍城は1993年まで香港にあった巨大なスラム街である。

無計画な増築による複雑な建築構造と、どの国の主権も及ばずに放置された環境は「アジアン・カオス」の象徴的存在として今でも関心を集め続けている。

九龍城砦 - Wikipedia

 

当時の動画や住民へのインタビューなど。

 

実は川崎にその九龍城があるのだ!

f:id:haniwakai:20180115230901p:plain

電脳九龍城。造ってくれて本当にありがとう。

なお島鉄氏はペイントによって存在を消されてしまった。

 

その名はウェアハウス川崎。

 

2005年にオープンした5階建てのゲームセンターで、館内は1階から4階まで九龍城を模して造られている。知らなかった人は絶対に行った方がいい。

 

メイキング : アミューズメントパークウェアハウス川崎店 | 星野組 [ HOSHINOGUMI ]

圧巻のメイキング。

 

素晴らしいのはそのデザインだけではない。

ここはゲームセンターなのだ!

平安京エイリアン」(平安のエイリアンではない)のようなレトロゲーの数々!

5階のまったりネットカフェ!

やってる人多いな、ダーツ!

スロットの「左打ちに戻してください」!(音大きくてビビる)

 

われわれは心ゆくままにこの空間を楽しんだ。

そしてなんとなく始めてしまったのだ。

あの、謎解きを・・・

 

(いその)