埋物の庭

街中にあるつい見落とされがちで埋もれてしまっているもの(=埋物)を紹介します。

丸の内支線と方南町

東京は山ノ手線の内側にいくことがある人は地下鉄丸ノ内線をご存じでしょう。

6両編成の若干小さな電車で銀座線の次に作られた古い地下鉄(……なんだけど外を走っている区間もアリ)です。

 

そんな丸ノ内線、さらに短い3両編成で中野坂上から支線が延びてることはご存じでしょうか?

これはまさしく地下鉄の中の埋物といえるのではなかろーか。(正確には埋線?いや地下鉄道なのだからして埋まってるのは当たり前か


f:id:haniwakai:20170612005408j:image

そんな丸ノ内支線の終点、方南町に行く機会があったので載せます。


f:id:haniwakai:20170612005807j:image

Mb03、の駅ナンバリングが暗いのは前までm03という駅ナンバリングが振られていたのを変更したからなんですね。

そんな方南町は立正佼正会のお膝元。期待して行った信濃町は案外フツーの(三色旗に目を瞑れば)町でしたし、方南町もフツーの町なんでしょうか?

 
f:id:haniwakai:20170612005832j:image
地下鉄の出口を出るとすぐにこんな情景。懐かしい感じのアーケード街です。ここほど短くはないですが、大阪の日本橋とかもこんな形のアーケードですよね。

うん、フツーの町だわ……。

 

写真にも写っている通り、京王バスがバンバン走っていまして感慨深かったです。

ここは京王線の縄張りだったか。

ふと東の方を見ればドコモタワー、なるほど京王電鉄の一大ターミナルである新宿も近いですしね。 

 

ふらふらと方南町中央通り商店街を歩いていると八百屋やら本屋やら懐かしい雰囲気の店が並んでいます。

ここは下町だったのか。

八百屋さんがCDをテントの軒先からぶら下げているのと商店街の電柱から尾崎豊の卒業がBGMとして流れているのがgoodです。

あと商店街唯一のコンビニはスリーエフ(埋コンビニといえよう)。

久しぶりに見ました。


f:id:haniwakai:20170612010454j:image

商店街を突っ切った先にお寺さんが。東運寺さん。

埋物いや埋仏ですね。

ここが東運寺となったのは入谷のお寺と合併したからで、元々は釜寺と呼ばれていたそう。なるほど、それで釜寺カフェなのね。

 

寺の起源を読むとなにやら安寿姫と厨子王丸伝説に関係しているそうで、山椒太夫に釜茹でにされそうだった厨子王丸の身代わりとなった身代わり地蔵(いわゆるひとつのScapegoat Jizou)を本尊として釜寺を建立したのが始まりだそう。


f:id:haniwakai:20170612193143j:image

 また釜寺というだけあって本堂の屋根に大釜が乗っかっています。

これは厨子王丸が釜茹でにされそうになったことから。現在乗っかってる釜は戦後すぐの本堂焼失後に信者が寄進したものだとか。

 

さて参拝しますかね。

f:id:haniwakai:20170612010704j:image

 

住職もこうおっしゃられてることですしね。

f:id:haniwakai:20170612010739j:image

この気持ち分かりますね。お墓に手を合わせるのも大切ですが、ご本尊もまた同じくらい大切です。

 

コンビニに入ってなにも買わずにチケット発券やら料金支払い、印刷だけするようなものです。……主に私です、すみません。

 


f:id:haniwakai:20170612011003j:image

そんな東運寺の境内から素晴らしい団地が見えたので行ってみました。

 

わ、すごいなこれ。

f:id:haniwakai:20170612011055j:image

そこそこの坂の途中に建っているのでした。

この坂の途中でイチャイチャしてる高校生カップルがいたので、彼らの邪魔をしないようにソォ~ッと団地の方へ向かいました。

 

ベンチがなぜか設置されてたので座ってボォ~ッとしてました。

この団地、正式には都営方南二丁目アパート10号棟と言いまして1974年から1975年頃に建設されたそうですね。

都営方南二丁目第2アパートというのもありまして、こちらは2000年建設のピカピカ団地です。

 

f:id:haniwakai:20170612011400j:image

good-bye団地。ここも歴史と共に埋没した建物ってことでいいですかね?(苦しい?)

 

東京一地味(?)な丸の内支線の終着点である方南町には素敵なお寺と団地がありました。


f:id:haniwakai:20170614043005j:image

島鉄